下弦の月が 朧に揺れる
夜を 包む叢雲
磔られた 番う雛
絡める 非情の罠

嗚呼 今も燻ぶ
想い胸に 聢と宿らば (殲(せん))

水の様に優しく 花の様に劇しく
震える 刃で 貫いて
宿命られた 涙を
瞳の奥 閉じても
貴方を 瞼が 憶えているの

無明の淵で 終焉を待つ
私は 噎ぶ身無し児
蹂み躙られた 尽る恋を
両手に 包んだ儘

もう 諍えない 共に辿る
釁りの黄泉路を (殲)

水の様に優しく 花の様に劇(はげ)しく
震える 刃で 貫いて
宿命られた 涙を
瞳の奥 閉じても
貴方を 瞼が 憶えているの

水の様に優しく 花の様に劇しく
震える 刃で 貫いて
宿命られた 涙を
瞳の奥 閉じても
流れる 血潮 止められない

蜜の様に零れて 徒の様に散りゆく
儚い 祈りを 掻き消して
宿命られた 二人を
葵闇が 裂いても
貴方と 揺蕩う 隠り世まで


暗夜裏悄然而來 月光下綻放瞬間的真愛 無法延續的悲哀
風聲中飄然遠去 也只好停止對他的依賴 為了能遇見未來

啊 那溫柔的笑靨 仿佛是 一刹那 燃盡了黑夜的花

是湖水搖晃了 兩個身影
是山花燦爛了 彼此生命
可為什麼 手中長刃 會對你悲鳴
宿命禁錮的人 淚流不停
熟悉的眼睛裏 不見溫情
忘掉回憶 埋葬自己 化作風跟隨你

呼嘯著蜿蜒而來 割裂那歲月留下的空白 冥冥中不可替代
安靜地盤旋離開 斷崖中深不見底的火海 逝去的魂歸來

若 沒下過那場雨 是不是 還可以 洗去這一身血跡

是湖水搖晃了 兩個身影
是山花燦爛了 彼此生命
可為什麼 手中長刃 會對你悲鳴
宿命禁錮的人 淚流不停
熟悉的眼睛裏 不見溫情
忘掉回憶 埋葬自己 化作風跟隨你

是湖水搖晃了 兩個身影
是山花燦爛了 彼此生命
可為什麼 手中長刃 會對你悲鳴
宿命禁錮的人 淚流不停
熟悉的眼睛裏 不見溫情
水火無情 世人終究得不到安寧

請看著她離去 原因不明
你就讓他追隨 糾纏不清
天堂美景 又怎勝過 心靈的呼應
萬年後的劇情 下落不明
千年前的宿命 漸漸平靜
忘掉回憶 埋葬自己 只為能跟隨你

aks4751 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()