風誘う木陰に 俯せて泣いている
kaze sasou kokage ni utsubusete naiteru
在微風輕拂的樹蔭下 埋首哭泣

見も知らぬわたしを わたしが見ていた
mi mo shiranu watashi o watashi ga mite ita
我望著那個素不相識的我

逝く人の調べを 奏でるギターラ
yuku hito no shirabe o kanaderu gitaara
吉他為逝去之人而奏

來ぬ人の嘆きに 星は落ちて
konu hito no nageki ni hoshi wa ochite
流星為不歸之人嘆息



「ゆかないで」どんなに叫んでも
yukanaide donna ni sakende mo
「別離我而去」儘管如此竭力呼喊

オレンジの花びら 靜かに 搖れるだけ
orenji no hanabira shizuka ni yureru dake
也仍只有那橘黃色的花瓣 靜靜地 搖擺著

柔らかな額に殘された てのひらの記憶 はるか
yawaraka na hitai ni nokosareta te no hira no kioku haruka
留在稚嫩臉龐上的、那手掌觸感的記憶 已漸漸遙遠

永久(とこしえ)のさよなら 爪彈く
tokoshie no sayonara tsumabiku
指尖彈奏出 永恆的別離



優しい手にすがる 子供の心を
yasashii te ni sugaru kodomo no kokoro o
溫柔的手 輕撫過孩子般的心靈

燃え盛る車輪は 振り拂い進む
moesakaru kuruma wa furiharai susumu
燃燒的車輪 絕不倒退地前行

逝く人の嘆きを 奏でてギターラ
yuku hito no nageki o kanadete gitaara
吉他為逝去之人而奏

胸の糸 激しく搔き鳴らして
mune no ito hageshiku kakinarashi te
讓胸中之弦 激烈而鳴



ああ 哀しみに染まらない白さで
aa kanashimi ni somaranai shirosa de
啊 未染上哀傷之色的潔白之上

オレンジの花びら 搖れてた 夏の影に
orenji no hanabira yureteta natsu no kage ni
橘黃色花瓣搖擺著夏日之影久不散去

柔らかな額をなくしても 赤く染めた砂 はるか 
yawaraka na hitai o nakushi te mo akaku someta suna haruka koete yuku
即使稚嫩的臉龐已不再 也會穿越那染紅之砂

燃えてゆく さよならのリズム
sayonara no rizumu
逐漸燃燒 別離的旋律



想い出を燒き盡くして 進む大地に
omoide o yakitsukushi te susumu daichi ni
在回憶燃燒殆盡而前行的大地上

懷かしく 芽吹いてゆくモノがあるの
natsukashiku mebuite yuku mono ga aru no
令人懷念之物 正悄悄萌芽



曉の車を見送って
akatsuki no kuruma o miokutte
目送拂曉的列車

オレンジの花びら 搖れてる 今も何處か
orenji no hanabira yureteru ima mo doko ka
橘黃色的花瓣 今日也在某處搖擺著吧

いつか見た安らかな夜明けを もう一度手にするまで
itsuka mita yasuraka na yoake o mou ichido te ni suru made
直到那曾經的安穩黎明 再次掌握在手中之時

消さないで 燈火(ともしび)
kesanaide tomoshibi
請不要熄滅 燈火啊

車は 迴るよ
kuruma wa mawaru yo
車輪 迴轉著

aks4751 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()